ムダ毛と脱毛と私

女性なら誰でも思う妊娠中でも脱毛はできるのか

妊娠中に「ムダ毛が濃くなった〜」と落ちこむ方も多いですが、
その逆に「毛が薄くなった」という方もいます。

 

その理由はホルモン。
最近では「女性が男性化してヒゲがはえてきた」なんて話もありますが、それもホルモンが原因です。

 

妊娠中のホルモンの変化は産後元に戻るので、ムダ毛が濃くなるのも一時的なものなので、
ほとんどは心配はいりません。
どうしても気になってしまって・・・と言う人もいるかもしれませんが、脱毛サロンではほとんどが
妊娠中はお断りされてしまいます。

 

もちろん、現在脱毛サロンに通っている方も妊娠が分かった時点で休止や途中解約をすることに
なります。
サロンによってはもったいない!と思うかもしれませんが、脱毛サロン入門書では妊娠中の脱毛は
危険もあるのでオススメができません。

 

その理由をいくつか挙げていきます。

 

 

■ストレスになる
妊娠中は痛みに敏感になったり、思わぬ刺激になることがあります。
そのため母体だけではなく、赤ちゃんにもストレスになってしまうことがあり、お腹が張ったり、時には
陣痛や早産などのリスクを高めることになります。

 

 

■肌トラブル
ホルモンバランスによって、肌は敏感になります。
普段は平気なのに、思わぬ刺激になり、肌トラブルがおこることも。
妊娠中は薬なども使えないため、オススメできません。

 

 

 

■体の負担になる
妊娠中はあおむけなどの姿勢が負担になったり、苦しかったりするものです。
短時間であっても、施術する姿勢でいることは体に負担になりますし、お腹が張ってしまったりもします。

 

また妊娠中だけではなく、産後でも授乳中はホルモンバランスが安定していないため、授乳が
終わってから、生理がきちんと来ていないと脱毛をすることができません。

 

そのため、これから結婚・妊娠の予定がある方は考えてプランを選ばないと、無期限などであれば
良いですが、期間が決められていると通えないまま終わってしまいますので注意してください。
この他にもピル服用中の方もまずは相談をしてください。

 

 

ムダ下処理がしにくいところは、
背中のムダ毛対策
■顔用シェーバー
刃にセーフティガードが付いているので、切り傷や深剃り の心配がありません。

 

■カミソリ
顔や眉用のカミソリより、しっかり握れるT字カミソリの 方が使いやすくておすすめ

 

■除毛クリーム
一度に背中全体のムダ毛を処理てきて便利。バスタイム なら、そのまま洗い流せて簡単です。

 

 

感染症にかかってしまう
毛穴の黒ずみや皮膚の炎症
ザラザラした汚い肌に見える

 

ムダ毛処理がしにくいところは、
なかなか自分ではしにくい背中のムダ毛対策

 

 

■顔用シェーバー
刃にセーフティガードが付いているので、切り傷や深剃り の心配がありません。

 

■カミソリ
顔や眉用のカミソリより、しっかり握れるT字カミソリの 方が使いやすくておすすめ

 

■除毛クリーム
一度に背中全体のムダ毛を処理てきて便利。バスタイム なら、そのまま洗い流せて簡単です。

 

どの方法でも
感染症にかかってしまう。
毛穴の黒ずみや皮膚の炎症。
ザラザラした汚い肌に見えてしまう。

 

この点は注意しましょう。